冬のヘアケアで悩んでいる方は多いと思います。冬はその他の季節と比べて乾燥しています。そのため髪もダメージを受けやすい季節です。また、会社などでクーラーで暖房を入れているオフィスでは、髪にクーラーなどの温風が直接あたってしまうと、髪のダメージを促進させてしまいます。顔や肌に直接温風があたっていなくても、髪には意外に温風があたっていたということがよくあります。自分が気がついていない間に髪のダメージが進んでいることがあります。

お肌の乾燥などは、比較的気がつきやすいと思います。自分でカサカサしていると触ったり、肌のつっぱった感触などで感じることができますが、髪のダメージは肌に比べるとなかなか気がつきにくいものです。しかし、ヘアケアをしっかり行なっていないと、肌以上に髪が乾燥してしまい、切れ毛や枝毛となってダメージが目に見えてしまうということになりかねません。ダメージが目に見える前に、しっかりとヘアケアをして冬の乾燥から髪を守ってあげましょう。

髪には水分が必要です。お肌に水分などの潤いが必要であることはよく知られていますが、髪に水分を補給してあげることを意識している方は実際まだ少ないのが現状です。しかし、ヘアケアでは乾燥している髪にも潤い成分をしっかりと補給してあげることが大切です。髪の水分が少なくなってしまうと、髪のキューティクルが剥がれてしまいます。乾燥したオフィスで仕事をする方は、デスクに小型の加湿器を置くと良いでしょう。お肌の乾燥にも良いですし、ヘアケアにも良いアイテムです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

ページトップヘ