HAIR CAREシャンプーの基礎知識

シャンプーについて

シャンプーは頭髪や頭皮の油や汚れを落とす為のものです。ヒアルロンサンなどの保湿力の高い成分やコラーゲン・アミノ酸など美容成分を含んだものも多く開発されています。
ご自身の頭皮や髪の状態にあわせたシャンプーを使用する事が大切です。
シャンプーはヘアケアの基本ですので、マッサージをするようにきちんと泡立てて洗いましょう。
血行促進をする事と毛穴がスッキリする事で髪の栄養が浸透しやすくなり、リンスやコンディショナーの効果も高めます。
洗い後はしっかりとすすぎ洗い流す事が大切です。
すすぎ足りないと頭皮を傷め、痒みなどの原因にもなりますので注意しましょう。

シャンプーの種類について

ヘアケアは目的と必要性!?

シャンプーの種類は成分に由来する3つが代表的な区分になります。

  • 高級アルコールシャンプー(合成シャンプー)陰イオンの界面活性剤で炭素数が多い事から高級といわれています。炭素数が多いと泡立ちが良い適度な洗浄力のある市販主流のシャンプーです。
  • 石鹸シャンプーアルカリ性のシャンプーなので、キューティクルなど髪の表面を溶かしてしまう場合がありますが洗浄力は強力です。毎日の洗髪にも関わらずに頭皮がべたつく方には強力な洗浄力のある石鹸シャンプーが良いでしょう。油分が取れて髪にコシがでるでしょう。
  • アミノ酸シャンプー洗浄力や泡立ちでは劣るが肌に与える刺激が弱く頭皮に優しい。他の2種類と比べると比較的に値段は高め。
    乾燥肌や敏感肌の方はこのシャンプーが良いでしょう。パーマなどによる頭皮の痛みや持続しない方にもおすすめです。

シャンプーによる洗髪とリンスの使用方法について

  1. 風呂に入り温まる事で頭皮の毛穴が開きますので、浴槽につかる時間がある場合にはゆっくり風呂につかりましょう。
  2. 髪を洗う前にブラシ(くし)で髪をとかしながら余計なほこりを落としましょう。
    髪をとかす事で洗うときの指どおりも良くなります。
  3. お湯で髪と頭皮をきちんと洗い流す感じで汚れを頭皮から落としましょう。
  4. シャンプーを手に取り泡立てるようになじませてから、後頭部から頭頂へとマッサージをするように爪で頭皮を傷つけないよう、指の腹で根元をしっかりと洗っていきましょう。
  5. 泡だったシャンプーを髪全体へと擦らないよう、しっかりとなじませるように毛先や生え際まで洗っていきましょう。
  6. シャンプーが残らないようにしっかりと髪の間も洗い流し、頭皮全体を指の腹でマッサージしながらすすぎましょう。血行促進することでヘアケア効果が高まります。
  7. 毛先までしっかり洗い流せているかを再度きちんと流します。
  8. 軽く髪の水分をしぼります。
  9. リンスを手に取りなじませてのばしましょう。
  10. リンスは油分が高くせっかくシャンプーでスッキリさせた毛穴がふさがれてしまいます。リンスは髪の毛だけにつけましょう。
  11. リンスをしっかりと洗い流します。髪が擦れないように、シャワーの水圧と手串できちんと優しく洗い流しましょう。
  12. タオルで髪を拭くときも擦らず軽く叩くようにしながら水分を取っていきましょう。

気をつけること

  1. 暑いお湯で洗いすぎると油分がですぎて頭皮を傷める事もあります。お湯の温度は人肌温度を意識しましょう。
  2. 1日に何度も洗い流すと頭皮の角質が弱り悪影響にもなります。数回洗いたい方はあみの酸シャンプーを使用しましょう。
  3. すすぎは念入りに毛先までしっかりと行ないましょう。
  4. ごしごし強い力で擦るとキューティクルや頭皮が破壊され、乾燥・かゆみや枝毛の原因になる場合があります。優しく洗う事を心がけましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

ページトップヘ