HAIR CAREヘアケアの基本

ヘアケアとは?

頭皮や髪をケアする事をヘアケアと言いますが、油分や汚れ落としをする程度で、スキンケアのように意識している人は少ないのではないでしょうか?
シャンプー、リンス、トリートメント、育毛剤やカラーリングなどケアの方法は目的によって様々です。
そこでヘアケアの基礎知識としていくつかご紹介したいと思います。

ヘアケアについて

ヘアケアは目的と必要性!?

汚れ落とし・保水や保湿・傷み抑制(防止)・薄毛予防や育毛・ボリュームや色味による若返り等…成分・年齢・肌の状態に合わせるとなると種類は様々です。

明確な目的に合わせた日々のヘアケアが重要になりますので、試用前のサンプルや使用中の効果確認や頭皮と髪の状況をチェックしながら、毎日きちんと実施していきましょう。


頭皮・頭髪について

頭皮をスカルプと言います。スカルプトはS(skin)C (connective tissue) A (aponeurosis) L (loose areolar connective tissue) P (periosteum)のごろあわせで、頭皮全体が5層からなるという事をあらわしています。

皮膚としての保湿保水はもちろん重要です。層によってはコラーゲンから出来ている箇所もあり、簡単にはとてもデリケートは肌という認識をしてもらえればと思います。
頭髪は皮膚と同じ角質層が変化したもので3層から出来ているたんぱく質が主な成分です。髪は肌と違い死んだ細胞からできている為に老廃物のように感覚機能がないために傷みに気付かないものです。

湿っている毛を成型し乾燥させるとその型を保ち、再び毛が湿ると失われる。また、湿っている状態でないときでも熱風を加え瞬時に冷やすことで型を保つことも特徴です。
髪質は頭皮の毛穴の状態などで変化すると言われているので、美しい髪をつくるには頭皮のケアが重要になります。

頭髪の健康を保つ上では頭皮内頭髪部分の毛根・髪や頭髪を守る為の皮脂を分泌する皮脂腺・毛髪を作り出す毛球・毛髪の細胞を作る毛母・髪に栄養を取り込む毛乳頭・毛乳頭へ栄養を送り込む毛細血管と機能があります。

頭皮をやわらかく状態を保つと血行がよくなり頭髪へ栄養がいきやすくなりますので、ヘアケアをきちんとする事で美しさに繋がる事はこの関係があるからです。


季節でヘアケアは変わるの?

季節により紫外線・気候・温度が変わるように頭皮肌への影響も変わります。
季節によるケア意識もヘアケアには重要です。

春は気候があだや課で肌にはやさしいように感じますが、肌は敏感になりやすい季節です。

頭皮の状態チェックをきちんとしましょう。

夏は気温が高く汗をかきやすくなる季節の為、油で汚れもつきやすい季節です。
汚れをしっかり落とす洗顔と保水に気をつけましょう。

また、紫外線による頭皮の痛みで色素にも影響がでやすい時期ですので、日光対策も気にするようにすると良いでしょう。

秋は夏の厳しい暑さで頭皮が疲れています。気候が穏やかになりますが、肌のダメージをケアする事に気をつけて、乾燥する時期も近づきますので保水は意識するようにしましょう。

冬は空気と共に頭皮や髪も乾燥する季節です。
充分な保水を行ないながら、かさつきに気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

ページトップヘ