HAIR CAREヘアケアの知識

抜け毛・薄毛・育毛について

人の髪は10万本が生えていると言われ、1日に70本~100本程が抜けると言われています。
毛周期と言われるものでこのサイクルではなく、必要以上に髪の毛が抜ける時や、髪が細くなり薄毛が気になる場合には、気付いた時点で対応や育毛対策をした方が良いでしょう。

抜け毛や薄毛になる主な原因はダイエットによるたんぱく質不足などの食生活での栄養不足・喫煙・ストレス・睡眠不足・ホルモンバランスなどの体調管理と言われています。どのケースも頭皮が弱っている状況が抜け毛や薄げに繋がりますので、髪の毛の傷みによるケアでは回復しません。

食生活や健康管理、頭皮を清潔にする事や血行促進などと、頭皮が正常に活動するよう心がけましょう。

また、育毛効果にはカプサイシン(唐辛子)やイソフラボン(大豆)をはじめ、アミノ酸やケラチンというたんぱく質を合成促進するのに必要な亜鉛(魚介類)、毛母細胞の分裂を高めるビタミンB郡やコラーゲンの生成にひつようなビタミンCなど、健康と活性化には毎日多くの栄養素が必要です。食生活にも注意をしながらサプリメントなどの栄養補助食品も並行するとよいでしょう


頭皮のマッサージについて

頭皮をマッサージしてやわらかくする事で、髪の毛への栄養の吸収や育毛の効果があります。ただし、頭皮はとてもデリケートにできているので、マッサージは力を入れすぎて頭皮に傷をつけないよう、やさしく正しい方法で実行してください。

マッサージは血行がよくなり頭皮がやわらかくなる入浴時が効果的といわれています。

シャンプーの時や浴槽に浸かっている時に優しくマッサージを活用すると良いでしょう。

  1. 頭皮に指の腹をあて、ゆっくりと中心へ押す。
  2. 円を描くように頭皮全体を指の腹で揉む。
  3. 頭皮に適度な刺激を与えるように指の腹でつかむ動き。

育毛剤と発毛剤について

育毛剤は頭皮の血行や毛根の働きを活性化させる事で、毛根に栄養を与えるなどの効果があるものです。

発毛剤は育毛とは働きが違い、成長期を伸ばす効果により太くしっかりとした髪をつくる効果があるというものです。

人により抜け毛や薄毛は原因や形や場所など様々ですので、自身に適した効力のある成分はもちろんですが、肌に合っているか?価格の負担は継続できるか?などと、継続的に自分に合う物を探して使用しましょう。


カラーリングについて

カラーリングは頭髪用の染料で、医薬部外品の染毛剤と化粧品としての染毛料の2つに大きく別れます。

染毛剤はパラフェニレンジアミンなどの酸化染料と過酸化水素によるメラニン色素の脱色により、染料の配合濃度に応じて様々な色素への染毛が可能です。カラーリングのほとんどはこの方法ですが、アルカリ性の為に髪を傷めやすく、アレルギー反応がでる場合もある為に、事前にパッチテストを行う方が良いでしょう。

染毛料は主にヘアマニュキュアといった染毛剤のような永久的な染毛よりは、一時的に髪に濃い原色などによる染毛をしたい方が利用します。化粧品に分類される酸化染料が主成分の為に、染毛剤よりはアレルギー性は低く髪も傷みにくいのが特徴。染毛剤と違い一時的な効力の為に、シャンプーなどで色落ちがしやすい。


頭皮トラブルについて

頭皮は皮膚の中でも特にデリケートでトラブルが出やすい場所でもあります。きちんとヘアケアを続けていても、どうしても頭皮の荒れが出るときもあります。

主な症状としてはふけ・かゆみ・抜け毛・湿疹・臭いなどが上げられますが、原因は栄養不足・睡眠不足・ストレス・紫外線・生理や妊娠時などのホルモンバランスなどと様々です。原因をチェックし改善しながら、肌の刺激を避け元気になるまで優しく対応していきましょう。

カラーリング前にはパッチテストでアレルギーを知る事は大切です。万一、商品や成分による特に酷い症状がおきた場合には、迷わずすぐに皮膚科へいき調べてもらうようにしましょう。


ヘアドライタオルについて

洗髪した後の長時間のドライヤーやタオルで拭くときに起こる摩擦は、かなり髪を傷めてしまいます。

そこで開発されたヘアケア商品がヘアドライタオルです。マイクロファイバーなど極細繊維などで出来ている、通常のタオルよりも吸収性が高く速乾性も高いのが特徴です。

ヘアドライタオルは髪の表面の水分吸収には最適ですが、髪の内部までの乾燥までは出来ません。そこで、ヘアドライタオルで髪をある程度乾かしてから、ドライヤー時間を短縮する事で、髪の傷みを軽減する使用方法が通常といえるでしょう。


スタイリング剤について

美しいヘアスタイルをキープし作り出すのに必要な整髪量がスタイリング剤です。種類も豊富でクリーム・ムース・ミスト・ジェル・ワックスなど用途に応じて使い分ける必要があります。

・クリームタイプ
やわらかいクリーム状でぬれた髪・乾燥した髪のどちらにも対応できます。髪に浸透させて使用する為に、トリートメント効果成分を含むものも多く、髪に優しくパサツキをおさえて整えるのに適していると言えるでしょう。
・ムースタイプ
ソフトな仕上がりからハードまで対応しています。手軽に使用しやすい為に、時間がない時にも重宝することで、広く利用されているスタイリング剤です。
・ミストタイプ
持続力が強く整えた髪の仕上げに使用されることが多いスタイリング剤です。髪から少し離して使用する事でスプレーやミストが広範囲に広がり髪全体をキープしてくれます。
・ジェルタイプ
髪が乾く前に手に取り伸ばして使用するのが一般的です。艶やかに髪をカッチリと固めてくれますので、しっかりとしたヘアスタイル作りに便利な整髪剤です。
・ワックスタイプ
手のひらで広げのばしてから、髪の流れをつけたい方向へ手ぐしでつけていきます。毛先のボリューム感やねじりによるまとめまで、髪に自由な動きを与えるのに適した整髪剤です。ハードタイプからソフトタイプまであらゆるヘアスタイルに適しているので、主流のスタイリング剤として人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]

ページトップヘ